So-net無料ブログ作成

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」★★★★ [映画日記]

onceuponatimeinhollywood.gif

 

*ネタバレはありません。

 

1969年のロサンゼルスが舞台。

クエンティン・タランティーノ監督が、ハリウッドの影と夢を、スリラー要素を交えて描いておりますけども。

 

映画ヲタらしい妄想大作〜!

 

観終わった直後は「えっ…ここで終わんの?!」と思い、やがて心があたたかくなりました。

 

「胸ポケットにホッカイロでも入れたかな?」と思うくらい、あったまったんですよ!

 

ああ、タランティーノを抱きしめてやりたい。

 

ナデナデしてやりたいです、あのシャクレたアゴを!

 

落ち目のドラマ男優役がレオナルド・ディカプリオで、そのスタントマン役がブラッド・ピットというキャスティングもたまりません。

 

ディカプリオの役は善人ですが、劇中劇では見事な悪役に扮しています。

過去の監督作でも悪役として起用していたし、タランティーノはディカプリオの悪役が好きなんだな〜、と思いました。

 

ディカプリオの演技は当然のように良かったのですが。

今回はブラッド・ピットの魅力が、その上を行ってました。

 

超えてきなすったわい!

 

ブラピ史上、最高の香りを放ってんよ!!(←ドリアンかい)

 

1969年という時代とファッションがブラピにハマりすぎ〜。

かねてから、ブラピはロバート・レッドフォードっぽい顔でしたけども。

 

古いメリケン顔ですよ!

 

今回は、その古い顔が活かされています。

 

下半身は、見事なジーパン姿ですよ。

 

ブラピが第1位ですよ、ジーパンが似合うアメリカ人男性(50代)は!

 

ブラピ本人が車を運転して、ひたすらロサンゼルスの公道を走る、という場面があるのですが。

 

ただただ流しているんですよ!

 

それが「なんだコレ」と、つぶやいてしまうくらいカッコいいです。

 

今まで、ありそうで無かったですよ、ブラピに車を合わせる、というコーディネート。

ブラピと車がこんなに合うとは〜。

 

ブラピさん、アンタいけるんじゃないの中古車販売ビッグモーターのCMも〜!

 

天下を取れますよ、中古車販売業界でも!!

 

車中のBGMは、カーラジオから流れる懐メロですけども。

 

ちょいちょい、ラジオ番組ナビゲーターのMCやら天気予報やら、CM等が入ってきて、昔の臨場感があって良い感じ。

 

かつてタランティーノが、昔の味わいを追求した映像企画「グラインドハウス」っぽいことを、車とカーラジオでやってみせた、という感じでしょうか。

 

そんなブラピは、観客を作品の世界観に連れていってくれる案内人。

あの車に本当に乗っけてもらいたかったです。

今回のブラピは、男がかっこいいと思うブラピ像だったと思います。

 

その他、当時の風景のディティールが細かくて、ネオンサインのフォントだけで、昔のフンイキを出したり、絵的にも抜群のセンスを感じました。

 

当時の美人女優シャロン・テートにまつわるエピソードがフィーチャーされているのも特徴ですが。

シャロン・テートが、普通っぽくて、めちゃめちゃかわいいです。

 

あの美貌で、男性の好みのタイプは「才能のある小男」っていう。

 

男は顔じゃないっていう、素晴らしい子!

 

「国際監督連盟のアイドル」みたいな扱いだったのも面白かったです。

 


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2019/09/04
  • メディア: CD

nice!(9)  コメント(9) 
共通テーマ:映画