So-net無料ブログ作成

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」気付かなかったけど、脇の脇までスターが出演。 [映画写真日記]

いや〜、クエンティン・タランティーノが1969年のハリウッドを描いた「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」な〜。
とっても楽しみました〜。
 
当時のロサンゼルスを再現した映像が圧巻。
フォントが昔っぽくて良いんですよね〜。↓
o1.jpg
 
頭のてっぺんからつま先まで、タランティーノ色に染められたブラッド・ピットもクールでした。↓
o2.jpg
 
ワンちゃんも活躍〜。
「妙にしつけが良い」ってところがミソでした。
ブラピとワンちゃんの取り合わせも新鮮〜。
こんなブラピ、見たことナーイ!↓
o3.jpg
 
音楽もノリノリで最高〜。
Spotifyでサントラを聴きながら家中の掃除をしたら、はかどった〜。
ぞうきんを絞る速度が倍になったわい!
 
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2019/09/04
  • メディア: CD
 
背景や人物、全ての細部にこだわりがあって、フンイキがカッコいい作品でした。
当時のロサンゼルスにどっぶりと浸って、もう日本に帰りたくナーイ!…そんな気分。
ありがとう、タランティーノ!
 
メインの登場人物は架空ですが、ほとんどのサブ・キャラクターにはモデルが存在。
知識が豊富なタランティーノらしいところですけども。
 
鑑賞中は気付きづらいですが、実はいろんなスターがサブ・キャラクターを演じていたんですね〜。
 
まずは、スティーブ・マックイーン役がダミアン・ルイスって、なるほど〜。
うっすら似てる〜。↓
o4.jpg
 
シャロン・テートの元婚約者で、ヘアスタイリストのジェイ・セブリング役はエミール・ハーシュだったんですね〜。
エミール・ハーシュって、消えそうでいて、長いことハリウッドで生き残ってますな〜。
今回も良い役をもらいました〜。
 
女優シャロン・テイトが殺される直前に彼女の家に遊びに来ていたという、同じく女優のジョアンナ・ペティット役を演じたのは、ブルース・ウィリスの実娘ルーマー・ウィリスでした。↓
o5.jpg
 
二世タレントといえば、イーサン・ホークとユマ・サーマンの実娘マヤ・ホークや、ケヴィン・スミス監督の実娘ハーレイ・クイン・スミスが出演していたらしいですが、一体どこに出ていたのか分かりませんでした。
 
ドリーマ・ウォーカー、レナ・ダナムも出演していたらしいですが、それも気づきませんでした。
 
今回、印象的なキャラクターだったのは、ブラピが運転する車に乗り込んできた少女プッシーキャット。
演じていたのはマーガレット・クアリーという若手女優ですけども。↓
o6.jpg
 
彼女の実のお母さんは、アンディ・マクダウェルだったんですね!↓
o7.jpg
 
悪役テックスを演じていたのは、実生活ではバネッサ・ハジェンズを抱いているオースティン・バトラーでしたけども。
あまりにも良い役でビックリ。
これは、出世を約束されたようなもん。
こちらのお写真はプレミア会場にやって来たバネッサ・ハジェンズとオースティン・バトラー。
結構長いこと交際してるよね〜。↓
o8.jpg
 
ちなみに、イタリア人女優ダフナ・ベン・コボ役を演じたダニエラ・ピックは、イスラエルの歌手で、タランティーノの実の嫁でした。
お子さんも生まれるそう。
タランティーノには幸せになってほしいです。
こちらのお写真は夫妻のツーショットですが、なんか〜、「女優と握手会に来た冴えないファン」みたい。
実際はアツアツのお二人です。↓
09.jpg
 
こちらのお写真は、プロモーション活動中の監督とメインキャストのみなさん。
疲れきっているのか、目が死んでます!
おつかれさまでした〜。↓
o10.jpg

nice!(9)  コメント(8) 
共通テーマ:映画