SSブログ
前の4件 | -

「スイング・ステート」★★★ [映画日記]

Irresistible.gif

 

コメディ演技に振り切ったスティーヴ・カレルを、久々に見ました。

 

十何年ぶりかもしれません、干支も一回りしてそうなくらい!

 

そんな演技は冴えていたと思います。

 

さすが、コメディ映画「40歳の童貞男」で名を挙げたお方。

 

「童貞映画」で1発当てた人〜!(←黒歴史?!)

 

今作は、本国ではコロナで劇場公開を断念、後に配信スルーとなりました。(←よくあるパターン)

 

日本では、2021年に劇場公開されたようです。

 

わざわざ、公開するほどの代物でもないような。

他に公開する映画が無かったのかな?

 

映画館の人も、「捨てるくらいなら、スクリーンに流しとくか」って思ったのかな?(←失礼)

 

今回は、amazonプライム・ビデオで再生して観ました。

 

ちなみに、製作はブラッド・ピットと、ブラピの会社「プランB」なんですよね〜。

 

たま〜に、スティーヴ・カレルとブラッド・ピットって仕事で組むことがあるんですよね〜。

 

意外とつるんでるおじさん2人なのでした。

 

作品は、市長選挙を題材にした、政治風刺コメディです。

 

つまりジャンルは「選挙もの」です、「投票もの」!

 

クライマックスで「開票もの」になるやつですよ!!

 

複雑なお話なのですが、簡単に言うと。

スティーヴ・カレル演じる選挙参謀が、ローズ・バーン演じるライバル参謀と選挙活動で火花を散らすお話です。

 

冒頭から「つまんない映画オーラ」が出まくっていたので困りましたけども。

 

15分も経つと、ローズ・バーンも目立ちはじめて、「ニヤッ」と笑える場面も増えました。

 

基本、スティーヴ・カレル等、白人のおじさんたちを中心に進行する物語。

 

ややお堅い感触がしたものの、ローズ・バーンが出てくると、とたんに明るいコメディっぽくなって助かりました。

 

バン子姉さんって、本当に頼りになる人ですね!

 

今回のバン子姉さんはブロンドヘアーなのですが。

不思議と、顔に合っていませんでした、金髪〜。

 

むしろ金髪が顔を殺してる!

 

美人だからって、何でも似合うわけじゃないんですね〜。

 

最後まで観ると、政治の内幕も見えてくるし「よく出来たお話だな」と思えました。

 

当たり前ですが、路線から出演者まで大人風味だから、全体的に「大人風味のコメディ映画」になっているところが良いですね。

 

あとは、お笑い場面から扱うネタまで、とってもアメリカっぽいです、バタ臭い!

 

アメリカの、白人のおじさんっぽいです、臭ってくんの!!

 

白人のおじさん客なら、全員が大爆笑できるコメディ映画かもしれません。

 

白人のおじさん客・限定映画に認定してもいいかもしんな〜い。

 

 

スイング・ステート [DVD]

スイング・ステート [DVD]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • 発売日: 2022/10/07
  • メディア: DVD



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「プレデター:ザ・プレイ」★★★ [映画日記]

Prey.gif
 
野蛮でブサイク、気色悪さ満点の異星人として有名なプレデターさんですけども。(←散々な言われよう)
 
2022年にシリーズ新作が登場〜。
 
劇場での公開はなく、まさかの「Disney+」で配信開始〜。
 
もしかしてディズニーさん、「プレデター」の版権まで持ってんの?!
 
あんなブサイクを買ってんの?!
 
と、一瞬思いましたけども。
本国ではHuluで配信された作品らしいです。
 
作風は、当然、激しめのバイオレンス路線で、とても「Disney+」で、「ハイスクール・ミュージカル」の隣あたりに並んでいる作品とは思えぬ状態〜。
 
プレデターの手により、動物や人間が、体の一部をもがれたりしてますから。
 
柿でも「もぐ」みたいに、もぎ取るんですよ!
 
世界中のお子様たちが、楽しい作品と間違えて再生するといいナ。(←コラーッ)
 
物語の時代は1700年代、主人公はインディアンの少女、っていう攻めた設定。
 
プレデターも娘っ子と戦う時代ですよ!
 
どうやら、地球に不時着した思われる1人のプレデターさん。
 
野生の猛獣たちを、楽しそうに狩ってらっしゃいます。
 
なんと、野グマまでやっつけてました。
 
熊より強い、金太郎みたいなプレデターさん!
 
インディアンの少女も狩りが大好きな、狩りガール!!
 
2人の狩人が対峙し、狩人らしい駆け引きで、ガチンコ対決する展開が、まあまあ熱いです。
 
生い立ちも、見た目も全く違う2人ですが「中身は、どこか似ている」という感触。
 
同じ臭いのする2人!
 
出会い方が違っていれば、良い友達になれたかも。(←なれませんか)
 
そんな運命的な戦いが、シンプルながら、どこか味わい深く、西部劇の決闘みたいな、普遍の魅力を放っていました。
 
プレデターのキャラクター・デザインは、中身は同じなのですが、ファッションが舞台に合わせて無骨です。
 
今作では、頭蓋骨みたいなものを、お面にしているプレデターさん。
 
かぶって来てんの!
 
SF感よりは「部族っぽさ」を前面に押し出していて、見飽きているプレデターさんから新鮮味を引き出していました。
 
大自然を背景にして、「プレデターは血を流していた。血が出るということは、殺せるということだ」とか、野生的なセリフ回しが活きています。
 
SFとは思えぬ、血と肉の臭いがする作品。
 
ビフテキが食べたくなりました。

 

 

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「13人の命」★★★☆ [映画日記]

ThirteenLives.gif
 
ロン・ハワードが監督で、ヴィゴ・モーテンセンが主演した大作が、まさかのamazonプライム・ビデオで独占配信〜。
 
配信スルーですよ、もったいナーイ!
 
2018年、タイのタムルアン洞窟で起きた遭難事故の顛末を描いている話題作。
 
製作発表時から「いつ公開するんだろう」と思っていました。
 
今回のamazonさん、良い作品をお買いになったと思います。
 
お買い得ですよ!
 
遭難事故の周辺事情を詳細に捉えていて、ものすごい「見応え」。
 
あるいは「飲み応え」!(←のどごし<生>かい)
 
タイ本国でも映像化がされているネタですが、わざわざ米国が改めて製作し、儲け直す気持ちも分かりました。
 
なんといっても、基本「困っているアジア人に、白人男性様が救いの手を差し伸べる」というお話ですので。
 
今回の場合は「がんばれ、がんばれ白人!フレー、フレー白人!」と声援したくなる内容になってました。
 
物語の冒頭から、タイの少年サッカーチーム(コーチを含む合計13人)が、地元の洞窟に遊びに行ってます。
 
何も知らずに、地獄入り!
 
洞窟内にいる時に限って豪雨になり、洞窟が水没してしまい、遭難に至るのですが。
 
洞窟内にいる13人が避難した空洞は、入り口から2〜3キロも離れているというのがビックリ。
どうしてそんなに奥まで行った?
 
ああ、子供って面倒!
 
空洞までは、ダイビングで4〜5時間もかかる場所なんですね。
 
前代未聞の遭難地点〜!
 
そんな場所から、13人もの子供を、どうやって地上まで連れてくの?…と、思っていたのですが。
救出作戦の内容に衝撃を受けました。
 
当時は、極秘の作戦だったそうですが、それも納得。
 
SNS全盛の炎上時代に、倫理を超えたアイデアを駆使して、一か八かの賭けに出ているではないか〜!
 
これはギャンブル・レスキューですよ!!
 
救出活動に関わった人々は、外国人だったり、地元民だったり、ボランティアだったり。
 
劇中のセリフにもありましたが「誰も見返りを求めていない」らしく、頭が下がりました。
 
命の危機にさらされているのが子供たちで、みんな良い子っていう点が、大人の心を掴んでいると思いました。
 
また、遭難事故があったタムルアン洞窟は、現場の山が女性の体型に似ていることから、「男性に恨みを持って死んだ女性の体内」と言われ、恐れの対象とのこと。
 
遭難した者も、救出する者も、ほとんどが男性というのが因縁めいていて、不思議な気持ちにもなりました。
 
ヴィゴ・モーテンセンは、洞窟内での探索が得意な、世界的ダイバーとして登場〜。
 
丸坊主の頑固親父キャラで、漂っています、ビートたけし感!
 
ヴィゴが、この役を引き受けたのも、なんとなく分かります。
ヴィゴ本人が持つ「弱い者の味方イメージ」に合致している人物像だと思いました。
 
今作への出演で、世界一のボランティア男優に決定〜!
 
ヴィゴの相棒役を演じたコリン・ファレルは、本当に良い俳優さんになりましたね。
 
他の出演作と同様、今作のコリン・ファレルも、スターのオーラは封印。
 
ヴィゴ共々、普段着がダッサいTシャツ&ダッサい短パンで、圧巻の素人臭!
 
水中での演技が多いのですが、2人とも、酸素マスク等、機材の扱いに不自然さ一切なし。
 
いい手つき!
 
ヒーロー感と素人感のバランスが最高の男優2人でした。

 

 

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ハロウィン KILLS」★★★ [映画日記]

HalloweenKills.gif
 
1978年から続くホラー・シリーズの最新作を、amazonプライム・ビデオで再生してみたのですが。
 
「こういう映画は、過去シリーズを観ていなくても楽しめるように出来ている」と思い込んでいました。
 
刷り込まれていたんですよ、アヒルの子みたいに!
 
物語の序盤から、どうも、おかしい。
どうも、「別の話の続き」っぽい、と思ったら。
 
再生した「ハロウィン KILLS」(2021年)は、「ハロウィン」(2018年)の正当な続編だったんですね、知らなかった〜。
 
こんなことなら、あらかじめ前作「ハロウィン」(2018年)を観ておけば良かったです。
 
何でしょうか、この「前の晩に勉強しないまま、翌日テストに臨んでしまった」感は?!
 
気を取り直して、鑑賞を続けましたところ。
 
クラシック第1作「ハロウィン」(1978年)でヒロイン役だったジェイミー・リー・カーティスが復帰している作品でした。
 
ジェイミー・リーは祖母役になってました、すっかりお婆さま!
 
ばあばですよ!!
 
ジェイミー・リーが娘と孫娘と共に、殺人鬼マイケル・マイヤーズと向き合うお話でした。
 
女3世代 VS. 殺人鬼という構図が新鮮〜。
 
NHKの朝ドラを、ホラーバージョンにしたようなもんですよ!
 
ジェイミー・リー演じるお婆さまには、「普通に殺人鬼に勝てそう」と思ってしまう貫禄があるのですが。
 
目つきも悪いですしね!(←失礼)
 
どうやらシリーズ前作で傷を負ったようで、今作では、あまり活躍してなくて残念でした。
 
そして、男性の家族は、みんな殺人鬼にやられている、という設定っぽい。
 
始末されてるっぽい!
 
そんなところも面白かったです。
 
ジェイミー・リーの出番は少ないかわりに、殺人鬼を倒すため、街の住人たちが団結。
 
近所が総出!
 
住人を演じる「名も知らぬB級俳優たち」がチームを組んで、殺人鬼マイケル・マイヤーズに突撃〜。
 
そのたびに、気持ちよく玉砕〜!
 
街の人がやられる場面を観るたびに「ああ、B級俳優!」と、心の中で叫んでいました。
 
住人役の中には、大昔のクラシック・シリーズに出演していた俳優陣もいる、っぽい。
 
多分いるんだと思います、いちいち調べませんが。(←調べてやんな)
 
そんな点では、過去シリーズのファンへのサービスも感じられました。
 
演技や演出などは「昔のホラー映画風味」を盛り込んでいて、1970〜80年代テイストを感じる懐かしいテイストに。
 
安いけれど、独自の勢いはございました。
 
昭和の風情と情熱ですよ!
 
そして、祖母ジェイミー・リー版「ハロウィン」シリーズには、さらなる続編も待機中とのこと。
 
知られざる人気シリーズだったんですね〜、へぇ〜。
 
 
ハロウィン KILLS 4K Ultra HD+ブルーレイ[4K ULTRA HD + Blu-ray]

ハロウィン KILLS 4K Ultra HD+ブルーレイ[4K ULTRA HD + Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • 発売日: 2022/03/25
  • メディア: Blu-ray




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の4件 | -