So-net無料ブログ作成
前の4件 | -

映画感想記事の更新を数日お休みします(パソコン修理のため) [その他]

いつも、当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


うちのパソコンが絶不調で、修理屋さんに調べてもらうことになりました。

そのため、映画感想記事の更新を数日の間、お休みします。


ちなみに、ただいま映画館で鑑賞済みの映画は、下記の通りです。


「真実」

「クロール 凶暴領域」

「フッド ザ ビギニング」


またのお越しを、心よりお待ちしております!


nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

「アバウト・レイ 16歳の決断」★★★ [映画日記]

AboutRay.gif


2015年の作品です。


心が揺れ、時には荒れるティーンエイジャーと、それを支える家族を描いてますけども。


「積木くずし」みたいなもんですよ!(←古いですか)


男性として生きる決意をする16歳の少女レイ役を、エル・ファニングが大熱演。

普通にしていれば世界レベルの美少女エルが、今回は男装から気合いを入れてます。


見た目から入ってるんですよ!


ヘアースタイルは、まさかのスポーツ刈り。


ふんどし締め直した気持ちで撮影スタジオに来てんよ!


いじめっ子とケンカしたり、大股で座ったり。

たしかにエルは、よくやっている。

エルにしては上出来、エル史上の中では最高、なのですが。


一般的に見れば、まだ足りぬ。


まだキレイじゃん。


まだ抜けてないんですよ、美少女エキス!


昨晩飲んだワインが、翌朝も抜けきっていないようなもんですよ!!


こういう役で評価されるのは難しい。


「付けチン」で立ちションするくらい汚れ系インパクトがないと、誰も褒めてくれませんから!


ああエル、なぜ立ちションをしなかった?!(←そこだけが問題じゃありませんか)


そんなエル・ファニングの「負け戦」が残念でしたけども。


それをカバーするのが、母親役のナオミ・ワッツと、祖母役のザンスーの演技ですよ。(←スーザン・サランドン)


ナオミがオシャレだし、しっとりとした美人。

劇中では、えらい年下の黒人男性に抱かれているという設定。


女としての現役っぷりにビックリしました。


シングルマザー役のナオミですが、かつての夫や、浮気相手を演じている人材がテレビ男優だったところに苦笑い。


「ナオミとザンスーのギャラで予算を使い果たし、スター男優を呼べなかったのかな。安いテレビ男優しのぐしかなかったのかなと思いました。


ザンスーの方は、レズビアンを公言していて、女性と結婚しているという、清々しく突き抜けた役。


サバサバしている、サバサバ女ですよ!


そんなふうに見えなくもないし、まずまずのキャスティングだったと思います。


ザンスーが非常はしごを上る場面ではヒヤヒヤ。


危ないよ婆さん!


もし落っこちて足の骨でも折ったら、治りが悪いですからな、あの年じゃ!!


作品のジャンルは、2015年の公開当時に流行した「トランスジェンダーもの」ですけども。

同ジャンルの中では、かなりサッパリとした、さわやかな風味。

何の悲劇も起きませんしね。


結局、お話の主軸は、「ホルモン治療の書類に、父親のサインをもらう」という、些細なものでしたし。


言い方を変えれば、親のハンコを押してもらおうとする「ハンコ映画」でしたから!



ABOUT RAY /V DVD

ABOUT RAY /V DVD

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

賞レースに食い込める奇跡のアメコミ映画「ジョーカー」。ホアキンの普段着が意外にさわやか。 [映画写真日記]

いや〜、DCコミックの悪役キャラクターを主人公にした映画「ジョーカー」な〜。
バイオレンス描写や心理劇に見応えがあって、とっても良かったです〜。↓
j1.jpg
 
ジョーカーことアーサーの母親役を演じたのは、ドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」でおなじみのフランセス・コンロイでした。
ひとくせある母親役だったから、フランセス・コンロイにピッタリ。
こちらのお写真は、アーサーに介護されている場面。
見事に、お水を顔面で受けとります。↓
j2.jpg
 
芸人志望のアーサーが憧れている、トークショー司会者役はロバート・デ・ニーロでした。
何を演じてもお上手ですな〜。↓
j3.jpg
 
アーサーはトークショーの舞台に立てるか?!…というところも見どころの一つ。↓
j4.jpg
 
作品がヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞して、前評判が爆発。
アーサー役のホアキン・フェニックスも、演技を見た感じだと、アカデミー賞主演男優賞も射程圏内と思う〜。
ボクちゃんには、主演男優賞受賞時に実兄リバー・フェニックスに感謝する場面が見えてます!↓
j5.jpg
 
ホアキン・フェニックスの出演次回作はマイク・ミルズ作品ということで、この先も賞レースに食い込みそうな勢い。
その後は、実妹が嫁いだ(現・離婚)ケイシー・アフレックの監督作品に出演予定、ということで、そちらも楽しみです。
 
「ジョーカー」プレミア会場には、監督の過去作「ハングオーバー」シリーズに出演していたブラッドリー・クーパーも来ています。
アーサー役は、レオナルド・ディカプリオにもオファーされていたようですが、監督と交流の深いブラッドリー・クーパーにも、もしかしたら話が行ってたかも〜。↓
j6.jpg
 
プレミア会場でのホアキン・フェニックスは、実生活で交際中のルーニー・マーラを同伴〜。
結婚10周年を迎えてそうな貫禄です、スイートテンダイヤモンドを指にはめてそうな!↓
j7.jpg
 
こちらのお写真は、普段着っぽい装いの2人ですけども。
さわやかじゃ〜ん、オシャレなキャフェにいそうな!
こうして見ると、ホアキン・フェニックスって、やっぱりイケメンなんですね。
そりゃそうか〜、リバー・フェニックスの弟だもんねぇ。↓
j8.jpg
 
こちらのお写真では、のろけてるんでしょうか?!
この雰囲気なら、夫婦漫才もいけそう〜。↓

j9.jpg

nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

「ジョーカー」★★★☆ [映画日記]

joker.gif


主人公はDCコミックの悪役キャラクター、ジョーカーですよ。


白塗りで有名なあの子。


化粧が濃いあの子ですよ!


同じくアメコミが原作、コミカルで陽気な「アベンジャーズ」シリーズとは全く違う、超シリアス・バイオレンス路線で仕上げているところが素晴らしいです。


悪役1人に焦点を絞っているところも新しい。


深堀りしてるんですよ!


正義の味方と戦うこともありません。


「アベンジャーズ」の後追いを止めてるんですよ、あきらめたかのように!


そんな、アウトローな作風が吉と出た。


ついにDCコミック映画に大当たりが出たわい、金の玉が出たーっ!


孤独な青年アーサーが、いかにして狂人ジョーカーになってゆくのか、その心理にじっくりと迫った物語で、彼の行動に目が離せません。

ジワジワ感が良かったです。


アーサーのお宅は貧乏家!


ワケあり母子家庭で育ち、自身は突然笑いだしてしまうという奇病におかされている、という状態。

しかもコメディアン志望だけど笑いは取れていない、という。


笑わせようとしても、スベりまくんの!


スベるたびに失笑を浴びる、っていう!!


観ながら「これはつらいわな。わかるよ」と思いました。(←先輩芸人かい)


貧困から始まり、コメディ文化を交えながら、社会への憎悪に展開する様が鮮やか。


この「笑うに笑えないコメディ話」を、爆笑コメディ「ハングオーバー」シリーズのトッド・フィリップス監督が手掛けている、というところも面白いです。


結果的にはクールなサイコ・スリラー作品という感じで、なんとなく「ブラックスワン」とか、そういう風味を感じる出来映えでした。


アメコミ映画では初めてヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞したというニュースを聞き、「あんまりアメコミ臭くない作品なのかも。臭みは消えてるのかも」と思っていたのですが。

観てみたら割とアメコミ〜。


しっかり臭ってんよ、焼き肉屋帰りの衣服みたいに!


原作コミック・ファンに向けての目配せも、十分に含まれた内容でした。


映画ファンとしては「ホアキン・フェニックスがジョーカーを演じる」という点にワクワク。


やっぱり、最大の見どころはホアキン・フェニックスの演技だと思います。


元々ホアキンて、狂っていたり、危険な香りを毛穴から放ちやすい体質!


近寄りがたいデンジャラス男優!!


だから、今回のジョーカー役もピタッとハマっていて、「この役を演じられるのは、ホアキンしかいない」と思いました。


またホアキンの持つアートな空気も、この作品に高級感を与えていたと思います。


物語の後半、ホアキンは白塗りで演技をしているのですが。

化粧をすると、それがホアキンなんだか誰なんだか認識不能に。


ホアキンだかデメキンだか分からないんですよ!


「白く塗りすぎて別人化」という点では、梅沢富美男さんをほうふつでした。



Joker (Original Soundtrack)

Joker (Original Soundtrack)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Watertower Music
  • 発売日: 2019/10/02
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の4件 | -