So-net無料ブログ作成

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」★★★★ [映画日記]

onceuponatimeinhollywood.gif

 

*ネタバレはありません。

 

1969年のロサンゼルスが舞台。

クエンティン・タランティーノ監督が、ハリウッドの影と夢を、スリラー要素を交えて描いておりますけども。

 

映画ヲタらしい妄想大作〜!

 

観終わった直後は「えっ…ここで終わんの?!」と思い、やがて心があたたかくなりました。

 

「胸ポケットにホッカイロでも入れたかな?」と思うくらい、あったまったんですよ!

 

ああ、タランティーノを抱きしめてやりたい。

 

ナデナデしてやりたいです、あのシャクレたアゴを!

 

落ち目のドラマ男優役がレオナルド・ディカプリオで、そのスタントマン役がブラッド・ピットというキャスティングもたまりません。

 

ディカプリオの役は善人ですが、劇中劇では見事な悪役に扮しています。

過去の監督作でも悪役として起用していたし、タランティーノはディカプリオの悪役が好きなんだな〜、と思いました。

 

ディカプリオの演技は当然のように良かったのですが。

今回はブラッド・ピットの魅力が、その上を行ってました。

 

超えてきなすったわい!

 

ブラピ史上、最高の香りを放ってんよ!!(←ドリアンかい)

 

1969年という時代とファッションがブラピにハマりすぎ〜。

かねてから、ブラピはロバート・レッドフォードっぽい顔でしたけども。

 

古いメリケン顔ですよ!

 

今回は、その古い顔が活かされています。

 

下半身は、見事なジーパン姿ですよ。

 

ブラピが第1位ですよ、ジーパンが似合うアメリカ人男性(50代)は!

 

ブラピ本人が車を運転して、ひたすらロサンゼルスの公道を走る、という場面があるのですが。

 

ただただ流しているんですよ!

 

それが「なんだコレ」と、つぶやいてしまうくらいカッコいいです。

 

今まで、ありそうで無かったですよ、ブラピに車を合わせる、というコーディネート。

ブラピと車がこんなに合うとは〜。

 

ブラピさん、アンタいけるんじゃないの中古車販売ビッグモーターのCMも〜!

 

天下を取れますよ、中古車販売業界でも!!

 

車中のBGMは、カーラジオから流れる懐メロですけども。

 

ちょいちょい、ラジオ番組ナビゲーターのMCやら天気予報やら、CM等が入ってきて、昔の臨場感があって良い感じ。

 

かつてタランティーノが、昔の味わいを追求した映像企画「グラインドハウス」っぽいことを、車とカーラジオでやってみせた、という感じでしょうか。

 

そんなブラピは、観客を作品の世界観に連れていってくれる案内人。

あの車に本当に乗っけてもらいたかったです。

今回のブラピは、男がかっこいいと思うブラピ像だったと思います。

 

その他、当時の風景のディティールが細かくて、ネオンサインのフォントだけで、昔のフンイキを出したり、絵的にも抜群のセンスを感じました。

 

当時の美人女優シャロン・テートにまつわるエピソードがフィーチャーされているのも特徴ですが。

シャロン・テートが、普通っぽくて、めちゃめちゃかわいいです。

 

あの美貌で、男性の好みのタイプは「才能のある小男」っていう。

 

男は顔じゃないっていう、素晴らしい子!

 

「国際監督連盟のアイドル」みたいな扱いだったのも面白かったです。

 


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2019/09/04
  • メディア: CD

nice!(9)  コメント(9) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 9

かつかつ☆

管理人さん、こんばんは~(^O^)/
タラちゃんにしては温かいマイルドな映画でしたね♡

ブラピとレオ様それぞれのいいとこ出ていたと思います(^-^)
お二人にミーハーしていた世代の私には(年ばれる!)たまらん映画でした!

いつも妖艶なマーゴット・ロビーも今作では可愛かったです♡


by かつかつ☆ (2019-09-08 01:49) 

berry

タランティーノ好きにはたまらない最高でした!ブラピ、本当に格好良かった。レオ様の序盤の駐車場シーンと読書シーンも笑えて泣けました。巧い!あの時代の雰囲気も、不穏な空気も見応えありました。プッシーキャットは二世女優だったんですね。ジェームズレマーや他の有名俳優もなかなか気づけずでした。またじっくり観たいです!
by berry (2019-09-08 10:09) 

のむら

かつかつ☆さん。
僕も、生きている間に、ブラピとディカプリオの共演作が観れて感無量です!マーゴット・ロビーは、他の出演作での姿とは、ひと味違って、かわいかったですよね〜。あんな可憐な感じも出せるんですね〜、濃い顔なのに〜。

berryさん。
時代設定、舞台、ファッション、セリフ回しなど、全てがタランティーノらしくて、僕もたまりませんでした!楽しかったですよね!言われてみれば、駐車場には名場面が多いですね〜。ディカプリオが「イタリア映画なんて出たくねぇ。クソ映画ばっかりじゃねえかよ〜!」と涙を流してダダをこねる場面が面白かったです。二世女優の情報は、後日、別記事で紹介しようと思います。
by のむら (2019-09-08 12:35) 

M

観ました!
レオ様とブラピの濃~い組み合わせが心配だったのですが、杞憂でした!
良いコンビ感というかバディ感というか、楽しそうでなによりでした♪
私もこの映画のブラピ、かっちょえーと思いましたよ!
by M (2019-09-08 14:06) 

のむら

Mさん。
観ましたか!「Mさん、観たかな〜?」と思っていたところです。期待を裏切らない楽しい作品でしたよね。完全に男目線で描かれているので、女性ウケはどうか心配していたのですが、楽しまれたようで良かったです!
by のむら (2019-09-08 18:28) 

LOLA

私も観ました、幸せーな161分間でした。
メソメソするレオ様も良かったけど、ほんと、ブラピの何てカッコイイことか!他の言葉にしたいんだけどカッコイイしか見つからない。
GパンもだけどGパンGジャンというね、これを着こなせる人他にいるのか!(いるだろうけど)と惚れ惚れしました。
本当に二人とも大きくなったな、というか懐かしくて懐かしくて、の何本かを観たくなって映画館を出ました。
「ギルバートグレイプ」と「テルマ&ルイーズ」を観なくちゃ!と思った次第です。
by LOLA (2019-09-09 09:34) 

のむら

LOLAさん。
ホント、幸せな時間でしたね!Gジャンて、もしかしたらブラピのために、ブラピ専用服として制作されたんじゃ?と思うくらい似合ってましたね〜。「ブラピ+Gパン+Gジャン=アメリカ」という式になっていたと思います。「ギルバートグレイプ」と「テルマ&ルイーズ」って、まさに2人の出世作。あの2人が、2019年になって初共演するとは、感慨深いですね〜。
by のむら (2019-09-09 10:01) 

kaetteyo

遅ればせながら、昨日観てきました。面白かった〜!!!
セットも衣装もクルマも、めっちゃイケてましたねえ。
「大脱走」のシーンも、笑っちゃいました。

で、やっぱり、「ブラピ」でしたね。

とにかくカッコよかった。ロバート・レッドフォードそっくりだし。特にサングラスをかけると、70年代のロバートに、うっすら似ならぬ瓜二つ‼ と、感心しながら観てました。
屋根の上でシャツ脱ぎだした時は、隣のシャロンとどうにかなっちゃうのかと期待しましたが、何もなかったのが残念(⁉)笑

クリフという役柄もあるのでしょうが、リックをいつでもど〜んと受け止めるあの余裕。風格といいますか、老熟といいますか、カッコよさだけでない、ブラピの底力を垣間見た2時間半。
劇場からの帰り道、むかし友だちに「ブラピ」と呼ばせていた身の程知らずの自分を思い出し、どうか許してとハリウッドに向かって懺悔しました。
by kaetteyo (2019-09-17 16:15) 

のむら

kaetteyoさん。
観ましたね!良かったでしょう!クリフの風格、たまりませんね。カルト集団のアジトの、奥の屋敷に乗り込むときも、なんかヒーローっぽくて頼りになる兄ちゃんでした。屋根の上でシャツを脱いだとき、僕も隣のシャロンが声をかけるのかと思ってました。ただ脱いだだけでしたが、体中は傷だらけでスタントマンぽさが出てましたね。なんと昔「ブラピ」を呼ばれて(呼ばせて)いたんですね!いいと思います!!
by のむら (2019-09-17 20:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。