So-net無料ブログ作成

「アラジン」★★★ [映画日記]

Aladdin.gif


わかいい系のディズニー映画と、暴力アクション演出を得意とするガイ・リッチー監督の持ち味って、マ逆だと思うのですが。


水と油ですよ、エビアン豚の背脂!


どんな経緯で、どんな書類に印鑑を押して、そうなったのか分かりませんが。

なんと、ディズニー・アニメ「アラジン」を、ガイ・リッチー監督が完全実写化しております。


主人公のアラジンはソコ泥!


確かにガイ・リッチー監督ならば、犯罪場面などは不良っぽくクールに演出できるかも、と少しは期待しましたけども。

本編を観てみたら、そんなクールな演出はございません。

ガイ・リッチー監督の味は無いと言っていい状態。


無味無臭!


ディズニー風味にキレイさっぱり殺されとるわい!!


自分の個性を消し、ひたすらディズニーっぽいカラフルでファンタジックな映像を、事務的に作り上げている(ように見える)ガイ・リッチーが、なんとなく残念でした。


しかし昔はマドンナと結婚していたガイ・リッチー。

ガマンすることには慣れているのかもしれません。


ドM疑惑ですよ!


魂を売っているのはガイ・リッチーだけではございません。


なんとウィル・スミスが、魔法のランプから煙と共に現れる魔人ジーニー役として爆誕!


好感度を気になさるあのお方が、満を持してディズニー実写映画に降臨じゃ〜〜っ!!


元々ラッパーで、その後はバッドボーイ演技で俳優としてブレイクした彼が、今回は100%コメディアン。


お笑い芸人と化したわい!


ひたすらバカをやる姿を見て呆然…。


もはやショッキング映像〜!


魔人モードと、人間モードと、2種類のジーニーを演じているウィル・スミスですが。

一層バカをやる魔人モードの時は、CGキャラ化しているんですよね〜。


動いているのは生身じゃなくてコンピューターなんですよ、メカ!


だから本人に痛手は無い、とでも思ったのかもしれませんけども。

客観的に見たら、CGキャラ化していてもウィル・スミスはウィル・スミス。

これはこれで面白いと言えば、面白いですが。


痛いと言えば、痛かったです!


近年のハリウッドでは、ドウェイン・ジョンソンに完全に食われているウィル・スミス。

挽回すべく、ちょっと焦って出演しちゃったのかな?!


ドウェイン・ジョンソンもディズニー映画に出演はしていますが、アニメ「モアナと伝説の海」で、声だけの出演。

ディズニー映画に乗っかるのなら、声の出演程度にしたほうが無難だな、と思いました。


その点においても、ドウェイン・ジョンソンはハリウッドで一番の商売上手、と思いました。


というわけで、元・不良気質だった男性たちに対しては複雑な心境なのですが、作品自体は良いです。


空飛ぶ絨毯に乗ったアラジンが、お城にいるお姫様を迎えに来て、そのまま夜空へ飛んでいく…というムーディすぎるデート場面は不変の魅力。


あんなシチュエーションだったら、どんな姫でも落ちるわな!


抱かれるわい!!…と思いました。


やっぱり若い女性を迎えにいく乗り物は、お空を飛べるくらいの性能がないとね。


カローラじゃダメなんでしょうね!



Aladdin

Aladdin

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Walt Disney Records
  • 発売日: 2019/05/24
  • メディア: CD

nice!(8)  コメント(9) 
共通テーマ:映画