So-net無料ブログ作成

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」★★★ [映画日記]

godzillakingofthemonsters.gif


ハリウッド製、実写「ゴジラ」シリーズ第2弾ですけども。


巨大怪獣が、いっぱい、いっぱい出てきて、とっても面白かったです。(←小学生の感想かい)


1作目の「GODZILLA ゴジラ」(2014年)は、街に怪獣がいる風景を情緒豊かに切り取り、趣ある絵づらにしていたところが好きだったのですが。

今回の2作目は、そういう繊細な演出は、ほとんどありません。


豪快なアクション・メインのド直球!


カーブなんて投げないピッチャーみたいなもんですよ!!


ただひたすら怪獣が出てきて戦い合う、という、超シンプルな怪獣エンターテインメント。


噛み合い大作でした!


悪く言えば大味なのですが、懐かしい大味〜。


駄菓子のお味ですよ、10円の!


レーダーに映る怪獣の影を頼りに追跡するとか、昭和の怪獣映画のノリがあって楽しかったです。


ゴジラの他、キングギドラやモスラなど、日本人にはおなじみの怪獣たちが、ハリウッドの映像技術でグレードアップして登場しているところが最大の見どころ。


冒頭から、モスラの幼虫が出てきましたからな。


ツカミはイモムシなんですよ!


本格的な繭は作らないまま成虫になったモスラ。

モスラの見せ場では、なんとモスラのテーマ曲が流れてテンションが上がりました。


そして、モスラってメスなんですね。


女子なんですよ、モス子!


モスラとゴジラは仲良し、っていう設定にもグッときました。

そんな事情を聞いたとたん、ゴジラとモスラを応援してしまうボクちゃん。


心の中で「フレー、フレー、モ・ス・ラ!」…ですよ!


「怪獣は怖いけれど憎めない」…そんな魅力も、よく伝えてきているお話だと思いました。


敵にヤラれて大ピンチのゴジラを助けるべく、ボロボロになったモスラが「アタイの男に手を出すんじゃないよ!アタイが相手だよ!さあ、かかってきな!!」と言わんばかりに、命がけで反撃する場面では泣きそうになりました。


ホント、あの蛾は梶芽衣子!(←イメージ)


チャン・ツィイーが演じる新キャラクターの考古人類学者が、怪獣が出てくるたびに「あれはキングギドラ」「あっちはラドン」とズバズバと名付けていたところが笑いました。


まるで、赤子を名付けて50人の「命名ババア」のようでした。



ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(オリジナル・サウンドトラック)

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(オリジナル・サウンドトラック)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ADA
  • 発売日: 2019/05/31
  • メディア: CD

nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:映画