So-net無料ブログ作成

「パリ、嘘つきな恋」★★★☆ [映画日記]

pariuso.gif


「最強のふたり」を生んだフランスから、またしてもステキな「車いす映画」が到着。


泣きました!

「アベンジャーズ/エンドゲーム」を観たときと同じくらい涙が出ましたよ。


あんときと同じくらいの汁量〜!


ホント、車いす映画を作るのがお上手だわな、フランスは。


どうなっとるんじゃ、あすこの国は!


お国柄でしょうか、車いす生活をしている人と健常者の距離感が絶妙〜。


悲観を超越した、懐の深いユーモアがありますな〜。


今回の作品ジャンルはロマンティック・コメディです。

車いす生活をしているという体で、本当に車いす生活をしている女性に恋してしまったプレイボーイが主人公。


本当は立って歩ける、と言い出せなくなってしまったというシチュエーションが、おかしくもあり、「愛があるゆえに真実を言い出せない」という奥深さを感じさせますよ。

「愛=嘘」という構図なんですよね〜。


世の中にはいろんな悪い嘘がありますが、人を思いやるためにつく嘘は、感動的なものですね。


ことの発端「プレイボーイが、なぜ車いす生活をしているなんて嘘をついたのか。なぜならモテたかったから」に関しては、バカだな〜と思いますけども。

 

「バカ始まり」なんですよ!


だからこそ、ラストの成長っぷりが生きていたのだと思います。


ラブストーリーに関しては、お決まりのパターンなのですが。

ロマンティック・コメディなんて、お決まりのパターンで良いんですよね〜。


むしろお決まりのパターンじゃないと、ロマンティック・コメディとは言えぬ!


お決まりバンザイですよ!!


車いす生活をしているヒロインが聖人すぎる〜。


日本名を付けるとしたら「聖子」ですよ!


「アンタ天使かい。エンジェル様なのかい」…って思うくらい欠点のない人でビックリしました。


しかも、車いすでテニスの大会に出場したり、バイオリニストとしてコンサート・ツアーに参加したりして万能〜。


リア充ウーマンですよ!


生活で不満なところは「抱いてくれる男がいない」ってところだけ。


「男日照り」が続いてるんですよ!


プレイボーイ役の人が初めて出てきたときは「60歳くらいだよね?え?今から恋を始めんの?60歳から?」と思いましたけども。


劇中での設定は50歳。


へ〜、50の割には老けてんね!…と思いました。


そして「50歳から恋を始めるのか〜。それも大変」とも思いました。


きっとフランスでは、50歳からの恋も余裕なのでしょう。


50歳からでも女性を抱けるんでしょうね! 

 


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:映画