So-net無料ブログ作成

「空母いぶき」★★★☆ [映画日記]

ibuki.gif


TOHOシネマズ利用者特典「1カ月フリーパス」を使い、無料で何か映画を観ようとしたところ。


恩恵を受けたいんですよタダ券の!


「空母いぶき」か「コンフィデンスマンJP」かの二択に直面。


ボクちゃん、どっちかっていうと洋画派じゃないですか〜。


洋ものかぶれてるじゃないですか〜!


どっちの邦画も観たくないから困りました。


究極の選択ですよ!(←大げさ)


さすがに「コンフィデンスマンJP」を観ても楽しめやすまい。

今回は「空母いぶき」を選ぶのが妥当ではないか。


今回は、いぶいた方が良い。


よし、いぶいとけ!


…ってことで「空母いぶき」を選択。


チケットをもらう際、窓口のねえさんにタイトルを大きな声で告げました「いぶき1枚!」と。


後から思えば、窓口のねえさんには「空母一隻!」って言ったほうが良かったかも。


その方が面白かったかも〜!(←ネタかい)


作品は、日本を舞台にした本格ミリタリー大作。

期待していなかった分、とっても満足できる作品でした。


架空の時代で、日本には架空の敵がいるという設定。


全編が「もしものコーナー」なんですよ!


日本政府と敵国との攻防を描いているのですが。

政府と海上自衛隊の対応をメインにした、シミュレーション感覚の作風。


小競り合いから、だんだん大きな戦闘に発展、ついには自衛官に死者も出てしまう、という物語がジワジワと怖いです。


ジワー・ウォーズですよ!


鑑賞中は、「日本が、こんな事態に陥ったらイヤだな。もし、こんな事態になったら自分はどうしよう」と思いました。

きっと、観客にそう思わせようとする意図もあるのでしょう。


普段のボクちゃんなんて平和ボケしてしてるじゃないですか〜。


興味があることと言ったら「ポイントカードのポイントを2倍もらえるにはどうすればいいか」くらいですよ!


たまには「もしも日本が戦争に関わることになったら」と仮定して、考えてみるのも良いと思いました。


自衛隊のみなさんの仕事ぶりが入念に描かれているのですが。

現場での判断の難しさが、よく伝わってきました。


自衛隊のみなさんだって人間だもの、それぞれの考え方がおありでしょうけども。

日本を守ることを共通項とし、見事な連携を見せるところに胸が熱くなりました。


メインの舞台は、日本が保有する架空の空母「いぶき」内ですけども。


クールな一匹狼の艦長役を演じたのは西島秀俊さんですよ。


「名探偵ピカチュウ」日本語版を観た者から「ピカチュウの声を吹き替えた秀俊さんがヘタクソだった。正直大根との報告を受けていたボクちゃん。


あれから「今まで気にしたことは無かったけれど、ひょっとして秀俊さんは大根なのではないか。そういえば、どの演技も同じだし」と思っていたところでした。


今回、改めて「大根か否か」を重点に、秀俊さんの演技を見てみることに。


なるほど、たしかに大根っぽい。


限りなく大根に近い存在だけど、立派な大根でもない。


蕪みたいなお方だと思いました。



空母いぶき コミック 1-12巻セット

空母いぶき コミック 1-12巻セット

  • 作者: かわぐち かいじ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019
  • メディア: コミック

nice!(8)  コメント(5) 
共通テーマ:映画