So-net無料ブログ作成

「さよならくちびる」★★★ [映画日記]

sayonarakutibiru.gif


TOHOシネマズ利用者特典「1カ月フリーパス」を利用し、普段は観る機会の少ない映画に出会っている毎日。


トクしたいんですよ、1円でも一銭でも!(←ドケチかい)


今回は、門脇麦ちゃんと小松菜奈ちゃんの共演作。

女子2人が音楽ユニットを組んでライブ活動をしているという設定の、ちょっぴり切ない味わいの作品を選択〜。


本編では、隠し味の同性愛要素が良い感じに効いています。


ときどきツンと香りますよ、おネギの香りみたいに!


ライトな「百合もの」という感じが特徴の作品でした。


門脇麦ちゃんの役名が「ハル」、小松菜奈ちゃんの役名が「レオ」で、ユニット名が「ハルレオ」なのですが。

2人ともアコースティック・ギターをかき鳴らしての、弾き語りスタイル。


フォーク調の楽曲に懐かしさがあってキュンときます。


これがエレクトロのダンス・デュオだったとしたら、あまりキュンとこなかったかもしれません。

曲調って大事ですね。


劇中では「ハルレオ」の楽曲がリピート状態。


同じ曲をなんべんも、なんべんも!


ワテらの脳に刷り込んでくんの!!


キラーチューンの「さよならくちびる」なんて、最後はフルコーラスで披露。

ラストまで観ると、何曲かは覚えてしまって、ちょっと歌えてしまう状態に。


脳が仕上がってしまったんですよ!


そんな曲はもちろん、街角や、食堂や、ライブハウスの楽屋などの風景からは、孤独感がにじみ出ています。

寂しい感じがたまりませんでした。


物語のラストは「ああ、なんだ。そうなるの。へ〜」という感じで、割とサッパリ。


軽めに済ませたわな、忙しいときの昼食みたいに!


お蕎麦で済ませたようなもんですよ!!


門脇麦ちゃん歌いっぷりが様になっていてビックリしました。

本物のミュージシャンのような佇まい。


小松菜奈ちゃんも、歌も演奏も、ものすごくがんばっていて悪くなかったです。


門脇麦ちゃんは、見た目は地味なのですが、どういうわけか存在感バッチリ。

重みも凄みも出せるし、実力派だな〜、と思いました。


気分屋でトラブルメーカーという役の小松菜奈ちゃんもハマっています。


前から思っていたのですが、小松菜奈ちゃんって、わずかにレア・セドゥっぽいというか〜。


ちょいセドゥというか〜!


わずかにフランスっぽい香りがあると思う〜。


パリっ子味の女優ですよ、岸恵子さんみたいな!


そんな妖艶さが生かされていたと思います。


明らかに門脇麦ちゃんの方が主人公なのですが、どういうわけか、キャスト名の並びは小松菜奈ちゃんの方が先なんですね。

事務所のお力でしょうか?


圧なんでしょうか?!


2人のユニット間に、マネージャー兼バックバンドとして「ハルレオ」をサポートするイケメンが入ってくるんですよね〜。


イケメンが食い込んでくるんですよ!


やがてユニット内・三角関係に発展〜!!


イケメン役を演じているのが成田凌くんなのですが。

成田凌くんには一切期待もしていませんでしたが、これがすごく上手かったです。


「昔はモテていたバンドマンだけど、いろいろあって、今は地味に暮らしている大人のイケメン」という感じがよく出ていました。

お若いはずだけど、どこか枯れた感じが良かったです。


普段は観る機会の少ない邦画ですが、たまに観ると、日本の若手俳優が有望であることに気付きますね。


みんな、これから稼げぎなよ〜!


馬車馬みたいに、がんばんなね!!



さよならくちびる

さよならくちびる

  • アーティスト: 秦 基博
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2019/05/22
  • メディア: CD

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画