So-net無料ブログ作成

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」★★★ [映画日記]

MaryQueenofScots.gif


年をとると「歴史もの」がたまらんわな。


落ち着くわい!


イングランド女王エリザベスI世と、スコットランド女王メアリー・スチュアートの愛憎を描いた作品ですけども。


主人公はメアリー・スチュアートの方。


若くて、かわいい方!


今回の作品では、男社会の中でも自分の意見を曲げず、何事にも偏見を持たず、同性愛についても寛大、という、なんともイマドキ感あふれる、先進的な女性として描かれているメアリーさんですけども。


殺伐としていながらも、チヤホヤされている生活環境だし、本当はもっとズルくて、気の強い女性だったんじゃないのかな〜。

エリザベスI世のことが邪魔で仕方がなかったようですし。


どっちかっていえば、悪役の方が似合う人だったんじゃないかな〜、本人に会ったことないから知らんけど〜、と思いながら観てました。


今回は、良い人の部分と、悪い人の部分の配合バランスがイマイチで、態度がコロコロ変わったように見えたところは残念でした。


気の毒だと思ったところは、メアリーさんに結婚運が全くナーーイ!


つまり、男運が一切ナーーイ!!


選んだ男、選ばれた男、全てがハズレ。


「どうしてよりによって、その男をお選びなすった?星の数ほどいる中で!」…と思ってしまいました。


とくに、最初の再婚相手がボンクラすぎた。

自分で選んだ男なのにねぇ。


目が節穴だったわな!


やることなすこと、全て裏目裏目のメアリーさんでした!!


対するエリザベスさんは、基本的に受け身です。

メアリーさんからの手紙に書かれた要望を、受け流してみたり、応じたり。


そのうち疲れたエリザベス。


「もうメアリーのことなんてどうでもいい。めんどくさい」みたいな、ヤル気のない態度に。


仕事をほったらかして手芸に没頭!


手芸女ですよ!!


男社会にもまれているのは、エリザベスも同じ。


「男社会に馴染みすぎて、もはや私は男になった。おとこ女よ!」とのたまったときは、「エリザベスさんも大変だな」と思いました。


メアリー役を演じたのはシアーシャ・ローナンちゃんですよ。

スコットランドの女王、と言われれば、そんなふうな顔に見えますな〜。


今回の作品は、シアーシャちゃん出演作品の中では、最もアダルト。


生んでたしね、お子を!


これまでの出演作でもシアーシャちゃんには「抱かれシーン」がありましたけども。


今回は、より一層、幅広い趣向で抱かれたわい!


そして、シアーシャちゃんの透け乳」を見た気がしたけども、気のせいか?


幻の乳ですよ!

 

エリザベス役はマーゴット・ロビーですけども。

これまでマーゴットが演じた役の多くは、攻め感のあるキャラクター。


個性爆発女でしたけども!


今回の役も、まー個性はある。


化粧だけは濃い!


しかし、なんとも落ち着いた、どっしり構えた感のある女王役で、これは、今まで見てきたマーゴットとは全然違う〜。

いつの間にやら、立派な女優におなりだよ〜。


まるで赤木春恵さんの演技でも見ているかのようでした。



 

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』オリジナル・サウンドトラック

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(4) 

nice! 6

コメント 4

かつかつ☆

管理人さん、ご無沙汰してます~(^-^)
マーゴットって90年生まれでまだ20代なんですよね!
すごい貫禄ありますよね・・・。

同い年には浅田真央ちゃんとかエマ・ワトソンちゃんとか(汗)

赤木春恵さんには笑いました。

管理人さんの毒&エロがありつつ茶目っ気たっぷりなレビューやっぱり好きです♡

元気になります☆


by かつかつ☆ (2019-03-25 14:33) 

のむら

かつかつ☆さん。
当ブログをお楽しみいただけているなら幸いです〜いつもありがとうございます!なんとマーゴットと浅田真央ちゃんが同い年とは。見えませんね〜マーゴットの顔が大人すぎて。小学生や中学生の頃、どんな顔だったか見てみたいですよね。
by のむら (2019-03-25 23:23) 

zebra

ツタヤで新作レンタルで見てみました。

やっぱり歴史ものは理解はなかなか難しいですね。のむらさん むかしケイト・ブランシェット主演の「エリザベス」シリーズ2作も豪勢ではありますが理解力に乏しくて・・・・

わかることといえば権力の維持にはきれいごとじゃすまない 国の統治には権謀術数という四文字熟語で形成されるということだけですかね。

>メアリーさんに結婚運が全くナーーイ!
つまり、男運が一切ナーーイ!!
>やることなすこと、全て裏目裏目のメアリーさんでした!!
うわ~ のむらさん!一番メアリーの痛い所を突いてきましたね~。

それがのちにメアリー自身の寿命を縮めてしまうことになるんですから結婚も命がけですよ
by zebra (2019-12-01 08:47) 

のむら

zebraさん。
観たんですね!歴史ものって、知識を持っていないと心から楽しめませんよね。中世だったり、「女王もの」の場合は、あまりにも世間離れした内容だったり、ビジュアルがステキだったりで「昔の外国っておもしろいな〜」と思います。とくに今作の場合は、現代的な感覚を取り入れアレンジして、女性客の取り込みを狙った感がありましたね。
by のむら (2019-12-01 15:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。