So-net無料ブログ作成

「永遠に僕のもの」★★★ [映画日記]

ElAngel.gif


主人公のモデルは、1970年代のアルゼンチンに実在した美少年殺人鬼ですよ。


映画の主人公にはピッタンコな人材。


映えっからね、美少年さまは!


天使のような風貌の少年が、何の躊躇もなく人を射殺しまくる、というバイオレンス場面と、耽美なボーイズ・ラブ調の映像が交錯する、スタイリッシュ・クライム・ムービーに仕上がっておりました。


ノリとしては「ぼくのエリ」とか、あんな感じ〜。

クールな異国情緒が味わえる系〜。


舞台になっている、1970年代のブエノスアイレスのフンイキがカッコいいんですよね〜。

英語でもフランス語でもない言語が、レトロな風景と絡み合って不思議な世界〜。


挿入歌もレトロ〜。


まるで歌謡ショーですよ、ヒデキヒロミみたいな!


主人公カルリートスの髪はブロンドで、クルクルした巻き毛。


天パー男子ですよ!


カルリートスにとって、人のものは、自分のもの。


のび太のものは、俺のものですよ!


まずは手癖が悪いです。


何でもパクんの!


人殺しは、ひらめきで実行。


ピンときたら鉄砲バーン!


なかなかの性悪小僧でした。


そんなカルリートスと手を組み、犯罪の相棒になるのが、野性味のある美青年ラモンですよ。

このツーショットが絵になっています。


まるで魔夜峰央さんの漫画から出てきたかのよう〜!


アルゼンチン版「翔んで埼玉」の主役は、この2人で決まり〜!!


カルリートスもラモンも、基本的に女性を抱いているようですが。


要所で顔を近づけ合ったりしてBL要素も持ち合わせております。


男も女も何でもござれの万能選手〜!


実在した殺人鬼を描いた映画ということで観てみたのですが、思った以上にBL臭がプンプンで、相当とまどいました「こんなにもBLなのか、あすこの国の犯罪者は」と!


カルリートスがラモンを抱くのか?…と思ったら抱かない。


そろそろ抱くのか?…と思っても、まだ抱かぬ!


いよいよ抱くだろう、そろそろ抱かないと映画も終わる…と思っても抱かない。


いつまでたっても抱きゃあしない!


ハンパがなかったです、寸止め感!!


そんな点は「抱くなら、はよ抱け。ひと思いにやっとくれ!と、ちょっぴりイライラしましたけども。


「BL好きの腐った女性たちには、これくらいがいいのかな?これくらいの塩梅が効くのかな?」とも思いました。


BL評論家にでもなった気分でした。



El Angel

El Angel

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 2

sakaya

映画館で予告編観たんですけど、BLじゃないんですねー。今は寸止めの方がライト層にもいいんでしょうか。いい塩梅の俳優さん見つけたなーと私も場内で批評家気取りでありました。
by sakaya (2019-08-29 11:33) 

のむら

sakayaさん。
いい塩梅の若手男優は、下手だけど味はあったと思います。この作品、米アカデミー賞、外国語映画賞のアルゼンチン代表に選ばれたらしいです。評論家受けが良いのでしょうね。
by のむら (2019-08-29 20:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。