So-net無料ブログ作成

「ロケットマン」★★★☆ [映画日記]

rocketman.gif

 

ミュージシャン、エルトン・ジョン役はタロン・エガートンですよ。

 

まさか、まさか、売れてるイケメンが演じてくだすった!

 

この配役には、エルトンお爺ちゃんも大満足だと思います。

 

だって、他に誰が演じてくれようか!

 

エルトン・ジョンの半生を描いて、挿入歌は全てエルトン・ジョンの名曲たち。

 

お爺ちゃんの歌縛りですよ!

 

思った以上のミュージカル風味。

 

歌うわ、踊るわで、もう祭!

 

とっても楽しかったです。

 

同じく有名ミュージシャンを描いた「ボヘミアン・ラプソディ」と比べられがちですが。

似ているようで、何か違う〜。

 

よそよそうちうちなんですよ!

 

なんといっても、今回の作品では、楽曲を歌っているのは役者さんご本人。

 

元々、歌ウマ男優として定評があったタロン・エガートンが本領発揮。

 

ついにあの子が本気を出した!

 

見事な歌唱力で、全曲を歌いきってます。

 

この映画が上手いこと仕上がったのはタロンのおかげ。

タロンは称賛されていいと思う〜。

 

鐘を3つ以上お願いします!(←のど自慢かい)

 

タロンには、ゴールデン・グローブ賞のミュージカル部門くらいにはノミネートされてほしいな。

 

作品の中で、あえて残念なところを挙げるとしたら、物語の終わり方が弱いです。

 

感動薄めで、あっけらかん!

 

仕方ない、エルトン・ジョンさんて、今も幸せに生きてますからな。

 

もうちょっと壮絶感を出したくば…。

 

24時間駅伝でもやって、エルトン・ジョンさん本人に走ってもらうしかないかもよ!

 

物語の中には、名曲の誕生秘話、芸名の由来など、知られざる小ネタが盛りだくさん。

 

明かされてしまうんですよ、お爺ちゃんの秘部!

 

エルトン・ジョンて、幼少の頃から音楽の天才だったんですね〜。

子ども時代に才能を発揮する場面は、まるでモーツァルトかバッハみたいでした。

 

エルトン・ジョンは曲だけ書いて、作詞は若い頃に出会った作詞家に任せていたんですね〜知りませんでした。

 

この作詞家が、とってもいい人〜。

演じているのがジェイミー・ベルで、彼も役にハマっていたと思います。

 

ジェイミー・ベルって縁の下の力持ち役が似合うんですね〜、顔が地味ですし!

 

音楽映画に付き物なのが、ミュージシャンとマネージャーとの確執ですけども。

 

マネージャー兼エルトン・ジョンの恋人役を演じたのが、ブラピ系の美形男優マッサンっていう!(←リチャード・マッデン)

 

いや〜今回、タロン・エガートンとマッサンのラブシーンっていうね、ものすごい見せ場?見せ物?をいただきました。

 

あっけにとられて、お口を開けたままラブシーンを鑑賞したわい!

 

プロデュースも担当しているエルトン・ジョンが、自分役をタロン、抱き役をマッサンにして、ラブシーンを楽しんでいる。

 

ほくそ笑んでいる!

 

そんな光景も想像してしまいました。

 



nice!(8)  コメント(10) 

nice! 8

コメント 10

M

観ました!
タロン・エガートンいい仕事してましたよね。あのすきっ歯は本人に寄せるために、前歯に黒マジックで線を書いていたんでしょうか。それとも海苔を…(違う)。観ている間ずっと気になってしまいました。
エルトンご本人は「キングスマン ゴールデン・サークル」でなかなか壮絶な演技をされていましたね!
by M (2019-09-01 11:05) 

のむら

Mさん。
観たんですね!スキッ歯・・・見忘れました!!あとで予告編で確認してみます。そのスキッ歯がマジックか海苔だったとしたら、まるでドリフですね〜。「キングスマン ゴールデン・サークル」のエルトン等については、後日、別記事で書く予定です。
by のむら (2019-09-01 13:19) 

内幸町

のむらさん。
私も観ました!
楽しかったです!
最初からあの衣装でタロンが出てきたからびっくり。
頭の角みたいのポキッって折っちゃってましたね。
子役もがんばっていました。
よくできました!って褒めてあげてください!
最後に本物と役の写真が出てきて見れてよかった。
こんな人なんだ~ってわかった。

by 内幸町 (2019-09-01 22:24) 

のむら

内幸町さん。
本物の子供時代と、演じていた子役がそっくりでしたよね!子役の歌唱力は「並」でしたけど、あの見た目で役を勝ち取ったんだな、と思いました。タロンが、頭のツノをポキっと取った場面では笑いました〜。「それ取れるんだ」と思いました。エルトンが、いつごろから毛を植え出したのか描いてくれていれば完璧でしたね〜。
by のむら (2019-09-02 00:42) 

sakaya

え?ちゃんと歌ってるならオスカーあげなきゃダメじゃないですか、ねえ。思わずそう思っちゃいました。
by sakaya (2019-09-02 08:07) 

のむら

sakayaさん。
本人が歌っていても、きっとこの作品じゃアカデミー賞の演技部門は無理なのかもしれません。悔しいです!
by のむら (2019-09-02 22:04) 

LOLA

ストーリーがどうしても「ボヘミアンラプソディ」とほぼ重なるのでミュージカルなのは正解でしたよね。
エルトンは生きていて今とっても幸せ!なので楽しい楽しいで最後まで鑑賞出来ました。
特にアメリカでの初舞台、ピアノを弾きながらの空中フワリのシーンと曲のアレンジは素晴らしかったと思いました。
でも家族に愛されていたフレディに対して、エルトンのお父さんお母さん・・・そこだけはとても悲しかったです。

by LOLA (2019-09-03 11:47) 

のむら

LOLAさん。
僕も、あの薄情な父母にはビックリしました。あんな親、本当にいるんでしょうかね〜?!空中フワリのシーンは、ドリーミンな感じで良かったですよね〜。どんな音楽映画も、初舞台の場面は良い出来なんですよね〜、ドキドキするし。最後には、空中フワリのシーンの元ネタ写真が出てきて「なるほど」と思いました。いろんな元ネタ写真から、想像をふくらませて演出しているんでしょうね。楽しい作品でした〜。
by のむら (2019-09-03 22:39) 

もっち

ボヘミアンラプソディをうっかり家族で見てしまって、若干気まずい感じになったので、これは一人で行きました。
むしろこっちは家族で鑑賞してもさほど気まずくならなそうだったのに( ˘ω˘)

野村さんにはぜひプロメアを鑑賞して感想きかせてほしいです
by もっち (2019-09-04 03:55) 

のむら

もっちさん。
なんとボヘミアンラプソディはご家族で鑑賞されたんですね!ロケットマンも家族で観るにはちょっとハードかも。でも、ご家族で映画鑑賞とするなんて、とっても良いご家族ですね。プロメア、TOHOフリーパスを使って無料鑑賞が出来たのに、観ないまま無料期間が終わってしまったのです!観てみたいです。
by のむら (2019-09-04 22:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。