So-net無料ブログ作成

「容疑者、ホアキン・フェニックス」★★★ [映画日記]

ImStillHere.gif

 

ホアキン・フェニックスが、2020年アカデミー賞の主演男優賞候補になったからでしょう。

ケーブルテレビで、ホアキンが過去に主演した作品が放送されてました。

 

お祝い放送ですよ、祝賀!

 

邦題には自身の名前が入ってますよ。

 

冠つき!

 

ホアキン主演の代表作だと「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」(2005年)と「ザ・マスター」(2012年)の間に位置する2010年の作品ですけども。

 

フェイク・ドキュメンタリー作品ということは、なんとなく知っていたのですが、観てみたらフェイク部分が壮大でビックリしました。

 

2008年に突然ホアキン・フェニックスが俳優引退を宣言。

 

何に転職したかというと、まさかのラッパーっていう!

 

そんな騒動を実際に起こしたうえで、ホアキンの奇行と共に、世の混乱をも撮影している、という世界レベルの「どっきりカメラ」が本作〜!!

 

まずは、元々変わり者と呼ばれていたホアキンが、世間のイメージ通りの自身を演じていることが狂気。

 

やがて、過激に悪化したイメージを演じたまま、素人やメディア関係者に接してドン引きさせる、という反逆精神。

個性を排除したり、バカにしたりする世の中への怒りが充満しています。

 

ホアキンが演じている部分は、全てウソなんですよね〜。

アドリブもあるでしょうけども、脚本が存在していることが信じられないくらいのナチュラル演技。

 

鑑賞中はホアキンが本物の奇人に見える。

 

アホの子に見える〜!

 

どこまでの話が事実で、どこまでの話が嘘が分からなくなりました。

 

踊らされたんですよ、あの子に!

 

劇中に出てくる一般ブロガーが、奇行を繰り返すホアキンを見て「あいつはもう終わりだ」と言ってましたけど、それを知ったホアキンはこう思ったでしょう「どっきりカメラ、大・成・功!」と。

 

ホアキンの演技って本当にスゴイな〜、と思いました。

 

狂っていく男を演じた「ジョーカー」でアカデミー賞を取った今だと、より一層、彼の演技の上手さが理解できる作品だと思いました。

 

監督は、撮影当時ホアキンの妹と結婚していたケイシー・アフレックなんですよね〜。

 

ホアキンとケイシーは、よっぽど気が合ったのでしょう。

飲みながら「イタズラ映画作ろうよ!」みたいな話になったのかもしれません。

 

この大がかりな世界的イタズラ映画の製作に2年もかけた、というのがな〜。

 

「ホアキンもケイシーもヒマだったんだな」と思いました。

 

ラッパー転向後には、世間から散々バカにされて地に落ちたホアキンでしたけども。

今回の「どっきりカメラ」を公表した2年後には、「ザ・マスター」主演であっさり大復活。

 

その演技で賞レースに食い込んで大金星!

 

今はホアキンもケイシーもオスカー男優。

 

世の評価が些細なもので、いかに流動的なのかが分かる作品でした。

 


容疑者、ホアキン・フェニックス [DVD]

容疑者、ホアキン・フェニックス [DVD]

  • 出版社/メーカー: トランスフォーマー
  • 発売日: 2020/01/17
  • メディア: DVD

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ハスラーズ」★★★☆ [映画日記]

Hustlers.gif

 

始まりはストリップ小屋ですよ!

 

早速、大物ストリッパー役ジェニファー・ロペスが小ステージに登場して踊る踊る、クルクルクルクル〜!!

 

脱ぎはしませんが、ほぼ裸のロペス。

衣装の布面積が小せぇ〜。

 

尻の割れ目の部分はヒモですよ、白いヒモ!

 

そりゃまあ、用を足したいときは便利でしょうけども。

 

ヒモを横にズラすだけで良いのだから!

 

しかし白いヒモだから、便ヨゴレも気になるネ。

 

そんなことを考えながら眺めていたロペスの舞!

 

圧巻の存在感とエロスで、この演技でゴールデン・グローブ賞にノミネートされたのも納得。

 

これはスゴイと思いました、アラフィフで!

 

時代はリーマンショックの頃で、ストリッパーたちの人生も大不況。

金融危機をもたらした男たちをターゲットに、ストリッパー軍団がクレジットカード詐欺を働く、という犯罪映画ですけども。

 

ロペス演じるカリスマ・ダンサーのラモーナと、コンスタンス・ウー演じる、かわいい後輩デスティニーの絆も描かれていて、この2人に関しては、どことなく「ハート・ブルー」等を思わせる構図。

 

これまでだと、男性キャラクターで描かれることが多かった「人情×犯罪」という題材を、ストリッパーに切り替えて表現しているところが新しいです。

 

リーマンショック後の物語、という点では、製作担当のアダム・マッケイが過去に監督した金融映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」の「受け皿」的な作品になるのかな。

 

おカネ2部作ですよ!

 

「パラサイト 半地下の家族」と同じく、格差社会を描いている点もイマドキ感がありましたけども。

ストーリーは「犯罪を犯して捕まる」というシンプルなもの。

 

ストリッパー軍団による詐欺行為も単純〜。

「男を眠らせてカードを入手するだけ」ですから。

 

「ブルーレット置くだけ」みたいに簡単!

 

リーマンショックに陥った経緯はまあまあ複雑ですが、そのリベンジとなった今回の犯罪は単純、というのが皮肉でした。

「よくもまあ、こんな子どもだましのやり方で犯罪を続けていたね」と思いましたけども。

結局、男がバカだから美女にダマされてしまった、ということなのでしょうね。

 

ターゲットの男がバーで飲んでいると、入り口からロペスをセンターにした美女軍団が颯爽としたモデル歩きで近づいてくる、という絵がキマってる〜。

 

キマってるけど、コワーイ!

 

「男たちよ、その時点で詐欺に気付きなよ」と思いました。

 

デスティニー役を演じたコンスタンス・ウーといえば、代表作は「クレイジー・リッチ!」ですけども。

今回はダンサー役を大熱演。

半裸になってがんばってましたけども。

 

コンスタンス・ウーといえば「薄い胸」!

 

果たして、その胸でエロスが出せるのか心配でしたけども。

 

なんとなく体型をカバーするお洋服を着ていて、薄胸が気にならない。

 

衣装係の苦労のあとも伺えました。

 


Hustlers [Blu-ray]

Hustlers [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Universal Studios
  • 発売日: 2019/12/10
  • メディア: Blu-ray

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「グッドライアー 偽りのゲーム」★★★☆ [映画日記]

TheGoodLiar.gif


*ネタバレはありません。

 

メイン・キャラクターは70代以上の老人なのに、こんなにもスリリング。

 

こんなにも動く!

 

デンジャラスでアクティブな老人サスペンス作品でした。

 

ふさわしいです、この「人生100歳」時代に!

 

イアン・マッケラン演じる詐欺師がネットで婚活。

 

ツヴァイか何かで婚活!

 

マッチングした相手は、なんとヘレ美。(←ヘレン・ミレン)

 

オスカー女優が釣れたんですよ、大物が!

 

ヘレ美が演じる老女は裕福だけど、どこかフワ〜ッとしています。

 

ネンネの老婆!

 

その割には「私は抱かれない」宣言をするヘレ美!!

 

ガードは固い女なのでした。

 

果たして、イアン・マッケランはヘレ美を簡単に落とせるのか?

 

そして大金を騙し取れるのか?

 

抱けるのか?っていう話!

 

老人による犯罪ドラマが展開されて楽しすぎる〜。

 

マッケラ爺さんとヘレ美の演技合戦が最高。

2人ともプロのエンターティナーなので、演技に隙がありません。

「上手いな〜」と思いながら鑑賞しました。

 

とくに、病院に入ってグッタリし、「死んだ目」をしていたマッケラ爺さんが最高〜。

 

本当に、そういう人みたい。(←ホメ言葉)

 

また「2人とも年の割に、セリフ覚えも良い。まだボケてない」とも思いました。(←大きなお世話)

 

マッケラ爺さんとヘレ美がデートで鑑賞する映画が「イングロリアス・バスターズ」という点も笑いましたけども。

観終わったあとで思い返してみると、あれは意味のある作品チョイスだったんですよね〜。

 

あらゆるキャラクターには、裏の顔があってミステリアスです。

 

劇中は昔話のオンパレードですよ、老人らしく!

 


軽くさかのぼっても戦時中!!

 

あらゆる年代の回想シーンがあって「人に歴史あり」ですよ。

 

いろんな経験を積んで生きてきた老人って、ミステリーの宝庫だったんですね〜。

 

また「足が痛い」とか「目がくらんで体調が悪い。死ぬかも」とか、老人独自のトラブルが場を賑わせてました。

 

このあたりは、若い男女が繰り広げるサスペンス作には無い味わいでした。

 

こういう作品、日本でも作ればいいのにな〜、と思う〜。

日本の老人向け映画って、たいてい時代劇なので。

 

監督は実写「美女と野獣」等のビル・コンドンなんですね!

マッケラ爺さんと、よっぽど気が合ったのか、通算4本目の起用に。

 

監督、主演男優、一部の助演男優がゲイということで、どことなく多様性を感じました。

 

引き続き、監督にはマッケラ爺さんの魅力を引き出してほしいです、できることなら遺作まで!(←失礼)

 


The Good Liar (Original Motion Picture Soundtrack)

The Good Liar (Original Motion Picture Soundtrack)

  • アーティスト: Carter Burwell
  • 出版社/メーカー: Watertower Music
  • 発売日: 2019/11/08
  • メディア: CD

nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:映画

第92回(2020年)アカデミー賞。ブラピもホアキンも食われた?!「パラサイト」の作品賞受賞が快挙すぎる。 [映画写真日記]

いや〜、第92回(2020年)アカデミー賞が決まりましたけども。

韓国製「パラサイト 半地下の家族」の最多4部門受賞が衝撃的〜。

 

アメリカの祭典で、字幕付きの外国語映画が監督賞、作品賞まで取ってしまうとは快挙すぎる〜。

「時代も変わったな」と思いました。

 

脚本賞まで取っちゃった「パラサイト 半地下の家族」。

脚本賞の枠って、タランティーノ監督の指定席かと思ってました。

ポン・ジュノ監督他、関係者は相当うれしいでしょうな〜。↓

a1.jpg

 

演技部門の受賞者は予想通り。

 

やっぱりブラッド・ピットの助演男優賞受賞がうれしい〜。

ブラピ製作「ビール・ストリートの恋人たち」でオスカーを受賞したレジーナ・キングがプレゼンターだったんですね。↓

a2.jpg

 

ブラピ様、翌日からは静かな生活にお戻りください。↓

a3.jpg

 

ブラッド・ピットにアカデミー賞を取らすなんて、タランティーノ監督ってスゴイ人だな〜、と改めて思いました。

普通に考えたら、演技派じゃないブラピにアカデミー賞を取らすなんて不可能なことですから。

 

こちらのお写真は、レッドカーペット上のタランティーノ監督。

監督した作品の中では、あらゆる役者をクールな扮装にコーディネートしてしまうタランティーノですが。

自分のファッションに関しては、全く冴えていないところが不思議です。↓

a4.jpg

 

主演女優賞は、やっぱりレネー・ゼルウィガーでした。

ステージ上でのお写真では、「テカリ」が出てしまいましたな。

オスカー像と同じくらいの「テカリ」が。↓

a5.jpg

 

主演男優賞は、やっぱりホアキン・フェニックスでした。

通常ですと、「アメコミ作品でアカデミー賞の受賞はスゴイ」ってことがニュースになりますけども。

今回ばかりは、「パラサイト 半地下の家族」の快挙に食われましたな。

こちらのお写真はレッドカーペット上のホアキン。

実生活で抱いてるルーニー・マーラを同伴〜。↓

a6.jpg

 

助演女優賞は、やっぱりローラ・ダーンでした。

どういうわけか、最近はローラ・ダーンに追い風が吹いてますな。↓

a7.jpg

 

こちらのお写真は、レッドカーペット上のシャーリーズ・セロン。

別の授賞式会場ではイマイチなドレスを着ていたシャー子ですけども。

今回は「これぞシャー子。ザ・シャー子」と言うような、カッコいいドレスで登場〜。↓

a8.jpg

 

こちらのお写真は、プレゼンターのナタリー・ポートマン。

お写真では分かりませんが、ノミネートされなかった女性監督の名前が刺繍されているそうです。↓

a9.jpg

 

こちらのお写真はクリステン・ウィグです。

近年のドレスは奇抜なものが多いのですが、これはウケを狙ってきた感が。↓

a10.jpg

 

毎回、ドレス姿がイマイチなシアーシャ・ローナンちゃんは、今回はがんばりました。

がんばりましたけども、もうちょいかな。↓

a11.jpg

 

そんなシアーシャちゃんと「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」で共演しているのがティモシー・シャラメですけども。

毎度、斬新な衣装で授賞式にやってくるシャラメ。

今回は作業着(風)で登場〜。↓

a12.jpg

 

こちらのお写真は、残念ながら無冠だった「アイリッシュマン」のロバート・デ・ニーロとアル・パチーノですけども。

演技部門において、付け鼻とか、顎に肉を貼るとか、物理的な変装は評価されますけども。

「アイリッシュマン」等での、顔をCG加工しての演技は、不思議と評価されませんね。

審査員の目には、アニメとして見えてるのかな。↓

a13.jpg

 

ラジー賞独占の「キャッツ」から、ジェームズ・コーデンとレベル・ウィルソンがステージに登場〜。

これは、確実にウケるネタ〜。

ずるいです!↓

a14.jpg

 

客席では、マーゴット・ロビーとシャーリーズ・セロンのツーショットがゴージャスでした。↓

a15.jpg

nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:映画