So-net無料ブログ作成

「SHADOW/影武者」★★★ [映画日記]

SHADOW.gif


チャン・イーモウ監督の新作ですよ。


中国の巨匠さまですよ、大旦那さま!


なんでも、「三国志」内のエピソード「荊州争奪戦」を独自にアレンジしたお話らしいです。


まずは「荊州」という字が読めませんでしたけども!


イーモウさんの作風イメージから「カラフルで華麗な作品なのかな」と思って観てみたら全く違う〜。

舞台である山里や建物、ファッションも含めて、シックなモノトーン。


屋外は常に雨がザーザー、霧がモクモクで結構な湿度感。


蒸し蒸ししてんの、洗濯物も乾かない状態!


鑑賞中は、水墨画の中に入り込んだかのような感覚に。

さすが、美意識の高さを感じました。


そんな、しっとりとした世界で、重臣と、重臣の美人妻重臣に瓜二つの影武者が、ドロついた心理ドラマを繰り広げますよ。


重臣と妻と影武者の三角関係、みたいな。


妻は夫にそっくりな影武者に抱かれてしまうのか?…という「抱かれ問題」。


影武者も、本当は人妻を抱きたいけれど抱けないという「ガマン問題」。


そんな寝室での出来事を、実夫が覗き穴から盗み見る「穴問題」等、性的なシチュエーションにハラハラいたしました。


重臣と美人妻が向かい合い、気持ちの高ぶりを琴の演奏で表現し合う場面がオモローイ。

夫婦の間には、暴力も暴言もありません。


ただ奏で合う。


弦のはじき合いなんですよ!


音楽夫妻だったのでした、山下達郎&まりや夫妻みたいな!!


夫婦役を演じた俳優は、実生活でも夫婦なんですね。

どおりで息がピッタンコでした。


後半のアクションは、ド派手で最高〜。

傘の骨部分が全て刃物になっている、という武器がコワくて楽しい〜。


「傘包丁」ですよ!


潜水する場面では、人々は何やら、背中に背負った竹の筒から伸びている管をくわえています。


みんなホースくわえてんの!


もしかして酸素補給ですか?


もしかしてボンベ!?


昔の中国人ってスゴイ、と思わせる場面の連続でした。


主人公の影武者に関する物語は、結構かわいそうな内容でしたけど、映画的には盛り上がったと思います。

幕切れも、巨匠らしくセンスよくまとめてました。


王の若い妹が、かわいかったです。


髪型はツインテールですよ!


荊州のアイドルと化していました。


「荊州」という字は読めませんが。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。