So-net無料ブログ作成

「スノー・ロワイヤル」★★★ [映画日記]

ColdPursuit.gif


リーアム・ニーソン主演の「復讐もの」ですけども。


まずはリーアムが、だいぶ老けた〜。


さすがにしぼんで、梅干し化〜!


孫がいる世代になったリーアムですけども、今回は、まだ父親役。


踏ん張ってんの!


まだまだ現役の男性ですから〜!!


そんなリーアムが、麻薬組織に戦いを挑むことになる、という展開。


おおむね、いつもの「リーアム映画」の風情。


いつものリーアム節なのですが!


何かちょっと、いつもと違うな、と思ったところは、作風が少し上等〜。

バイオレンス作品ですが、クールな中にもブラック・ユーモアが散りばめられていて、わずかにコーエン兄弟とか、タランティーノとか、そういう上質の香りがいたしました。


フワッと香ったんですよ、ソフランの香料みたいに!


最も特徴的だったのはロケ地。


なんと本格的な雪国ですよ、青森みたいな!


リーアムが演じている役は除雪作業員で、除雪車に乗って働いていいるという設定なんですね〜。

今回は除雪車が名脇役。

除雪車で敵の車を追いかけたり、仕留めたり。


最強の業務用〜!


そして雪国は、死体を隠せる場所が豊富。


というか無限大!


いくらでも死体をさばけんの!!…そんなところが面白かったです。


さて今回、なぜ舞台が雪国だったのかというと。

今回の作品は、ノルウェー映画「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」(2014年)のハリウッド・リメイク作品だからなんですね〜。

オリジナル版を手掛けたハンス・ペテル・モランド監督が、自身の手でリメイクしているのでした。


どおりで、よくあるハリウッドB級アクション映画にはない、冷たくて牧歌的な魅力があったと思います。


ガヤガヤしてないんですよ、ガヤ芸人みたいに!


ちなみに、オリジナル版の主演はステラン・スカルスガルドだったそう。

リーアムとステラン、どっちかっていうと、ステランの方が除雪車との相性は良さそう〜。


あの顔業務用がピッタンコ〜!(←失礼)


リメイク作では、リーアムという素材が作品をB級に引き下げた感がありましたけども。

リーアムの嫁役は、なんとローラ・ダーンなんですよね〜。


ローラ・ダーンという素材は、作品をA級に引き上げて…。


リーアムが下げて、ローラ・ダーンが上げて…。


夫妻で足の引っ張り合い!


せめぎ合いですよ!!


B級とA級の間をさまよっている作品でした。



Cold Pursuit

Cold Pursuit

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

nice!(6)  コメント(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。